2011年4月1日金曜日

夜の色






ううむ、なんというか、デジタルカメラってのは、だいたいが写したそのまんまじゃなくて、カメラ自体に編集機能があるので、吐き出される映像は被写体そのままではもちろんないわけである。

そのことで、いまだに銀塩にこだわるプロやマニアもおられるわけであるが、これ、たとえば、銀塩でお撮りになっても、現像プリントをラボに依頼すると、うっかりしてるとアルバイトなんかがてきとーにコントラストや色調整をしてプリント作業をしたりして、結局、カメラやカメラマンの技術以外にそこでものすごく左右されて、自分のイメージとはなんの関係もない写真ができあがるのである。

それで、あたしは大昔にとんでもない金額で当時であるからもちろん銀塩のEOSを買って、さらに望遠だのフィルターだの3脚だのをお買いになって、「いざ、プロカメラマンにならん!」と大張り切りで「写真」を始めたのであるが、そのことですぐばかばかしくなって写真をやめてしまったのである。

しかし、ここのところ猫ブログのおかげで写真を面白がり出して、デジタルで写真をいろいろ撮ってみると、こんどはその写真のできあがりがいたれりつくせりのデジタルカメラの機能の操作で、自分で自由にどーにでもできるというところが逆におもしろくないのである。

つまり、写したときの状況をそのまま反映した写真を期待するわけである。

なにもいじらない写真というのが欲しいわけである。

それで、モノクロームであるのである。

これ、モノクロは色がない分、操作ができないのである。

さらに、このGRDⅢは手ぶれ補正なんかついてないので、夜撮ると、いかな大口径28mmF1,9といえども、まともに写らないのである。

ううむ、なかなかいいね。

Camera : RICOH GR DIGITAL Ⅲ

人物・街写真
写真サイト
写真ブログ 写真家