2011年10月31日月曜日

多摩センター・ハロウィンは中華まんじゅうもかぼちゃもAED


なんでも、この多摩センターのハロウィンの開催時間は午前10時から午後5時までで、午後6時にかぼちゃに点灯して終わりということであるのであるが、もう午後5時近くになるのにごらんの通りの大混雑であるのである。


露店のテントの中の灯りも煌々と輝きだして、あたりは夕刻の雰囲気が出てきたのである。


やっぱり祭りは暗くなって灯りがついてからが本番であるが、まあ、このハロウィンは仮装大会なんかもあって、子供が中心の行事であるので、青少年が暗くなってからうろうろしてるのは好ましくないので、5時で終わりであるつーことなんだろうねえ。


この餅とゆー名の中華まんじゅうを売ってるおねーさんが、「400円だけど3個で1000円」というので、3個買ったのである。

それで、試しにすぐ、ココナツ入りてなまんじゅうを一個食ったら、中のあんこは甘くなくて、なんつーのか、中はココナツアジの硬めのカステラつー感じであるのである。

ううむ、腹がいっぱいなのに、祭りの屋台を見るとどんどん買ってしまうのである。


富士宮やきそばである。

ああ、やっぱり祭りには、たこ焼きと焼きそばは外せないのですぐ「焼きそばください」と言ったら「ソース味にしますか、塩味にしますか」つーことであるので、屋台の焼きそばてなものは今までソース味と決まってるもんだと思ってたのであるが、塩味もあるなら食べたことがない方がよろしかろうとゆーことで「塩味ください」と申し上げたのである。


そしたら、おねーさんが鉄板に焼きそばをどどっと入れて、じゅーじゅーと炒めてくれたのである。

それで、これもすぐ食ったら腹がこれ以上入らないとゆー状態になって、まさに口から出そうな状態であるのであるが、こんなときは「ああ、大食いでよかったよかった」と心から大満足するのである。


株式会社多摩テレビのテントブースであるのである。

モニターの画面には「ハロウィンin多摩センター2011」てなことが書いてあるのである。

なるほど、つーことは毎年やってるつーことであるのである。

イベント企画が大当たりであるのである。


具合いの悪い人が倒れているのではないのである。

救急救命訓練用のマネキンであるのである。

ヨーカドーの前あたりで国士舘大学の学生さんたちがAEDの使用法を教えているのである。


メインストリートの中央ではかぼちゃの皆さんが口を開けて、午後6時の点灯をお待ちであるのである。


まあ、なにしろハロウィンであるので、食ってばかりではなんのこっちゃであるので、アングルを変えてもう一枚であるのである。


さらにアングルを変えてもう一枚である。

いいね、ハロウィンだね。

ううむ、外国のハロウィンがどーなのかは知りませんが、まあ、日本的ハロウィンであるのである。


運営本部の役員さんたちはそろそろ終了時間であるので、大忙しであるのである。


Camera : CASIO EXILIM EX-Z330  写真サイト
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ