2019年1月4日金曜日

鎌倉鶴岡八幡宮・三の鳥居前(2019年元旦)



まあ、北条の末裔の由緒正しい百姓の家系であるあたしは、何があっても、毎年正月に鎌倉の鶴岡八幡宮にご参拝申し上げるのである。

いずれにしても、象気功のモットーはなにはなくとも神頼みである。

人生は神のおぼしめし、あるいは、どなたかのプログラミングで、なるようになるし、なるようにしかならないのである。

そのためにあたしらゴミクズ衆生のなせるゆいいつの手立ては、日々、ありがたいありがたいと申しあげて、神のお告げをひたすら身体をすまして聞き分けることである。

言い方を変えると、身体の望む方向に向かうということである。

身体とは細胞である。

細胞の意思が脳に反映し、無意識化の想念を作り出し、その方向を作り出すのである。

すべては細胞が勝手にやってることであるし、さらにいえばDNAのおぼしめしである。

もっといえば、この世にはめ込まれたあなたの素粒子の意思である。

そのはめ込まれ具合いによる素粒子の意思により、行動が左右され、寿命が左右され、貧富が左右され、運気が左右され、苦楽が左右され、幻想としての人生をお楽しみになるわけである。

それがあなたのお役目であり、運命であり、宿命である。

釈迦はそれを縁起と喝破なされたわけである。

お前はあほか。

ううう、正月からあたまがパ~だ。

それもこれも、大発会のご祝儀相場で一儲けを企んでるのに、ちゅーごくとのいざこざで大幅に下方修正した米appleショックのおかげで、朝っぱらから日経が2万円割れの700円安であるからである。

正月から縁起でもない展開である。

この昨今のむちゃくちゃな変動は、プログラミングによるアルゴリズムの高速取引さらには超高速取引という名の神のおかげである。

てなことで、あたまのちょーしもことごとく株価に左右されるので、よくもわるくも、人生の根幹は経綸にあるわけである。

経綸であって競輪ではないのである。

ちょっとなにいってるのかわかんない。

わかるだろ。

えーと。

おわり。

おわりかよ。

今年も正月からこれかよ。

若宮大路段葛(だんかずら)の夜である。


にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン

2018年11月17日土曜日

甲州街道小原宿本陣



相模湖(神奈川県)の近くの甲州街道小原宿の本陣である。

本陣であるので、かつてはお大名が参勤交代の際にご宿泊になったわけであるが、昨今の状況からみるとじつに狭く簡素なお部屋であったという、感慨深いご見学である。

表門から玄関まで撮影して、さらに裏門から裏口を見て玄関までという、実に丁寧に行き届いたロケである。

この施設は二百数十年前からの保存であり、公的な予算が下りているため、お掃除も植木の手入れも行き届き、ご案内のおじさんもおられて、無料で内部や展示物をあれこれ説明していただけるのである。


玄関の上り座敷にある大名駕籠はレプリカのため乗車OKである。

当時の皆さんの身長が150㎝程度とすると、まあ、問題はないのかもしれないのであるが、試しに乗ってみると、とにかく窮屈で、降りるのに四苦八苦するのである。

この本陣の当主は地域の名主庄屋てな立場で、税の徴収などの公的な役目を持つ大地主であったそうである。

この家の屋根裏では養蚕を行っていたということで、四層建てになっているのである。

また、醤油絞りの道具や唐箕などの農家で使われた当時の道具があれこれ残っているので、歴史マニアや骨董マニアにはたまらんあれこれである。

もちろん、あたしは歴史マニアでも骨董マニアでもないので、まったく興味も関心もないが、仕事の通りがかりのお楽しみにあちこち探検隊である。

秋だしね。

まあ、こんなとこかな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン

2018年11月9日金曜日

中之条ダム(群馬県)の天端を歩く



中之条ダム(なかのじょうだむ)は群馬県吾妻郡中之条町大字四万字殿界戸29-1、袋内18-2にあるアーチ式コンクリートダムで、ダム湖は四万湖である。

さらに上流に四万川ダムがあり、そのダム湖は奥四万湖であるが、ややこしいなんて言わないで、ダムマニアとしてはしっかりと区別しないといけないのである。

誰がダムマニアだ。

まあ、とにかくその中之条ダムの天端(てんば)をてくてくと歩いて往復である。


天端というのは堤体(ちょうだい)のてっぺんのことであり、たいていは歩道や車道になっているのである。

堤体というのはダムや堤防の本体のことであるが、ちなみに堤頂長(ちょうていちょう)は堤体のてっぺんの長さのことであり、堤高(ちょうこう)は堤体の高さのことである。

中之条ダムの堤高は42mで、堤頂長は118.2mであるが、そんなことを数字で理解するのは無理であるので、動画でその高さと距離を実感していただきたいわけである。

ところが、靴がダッドシューズの帝王のホカオネオネであるせいか、勝手に足が進む半面、動画がホカホカ揺れてあらいやんである。

ホカオネオネについてはなんのことかわからん向きも多かろうとおもうが、ちなみにあたしが履いているのはプロレスラーの棚橋選手もご愛用のボンダイ5である。


ダムとまったく関係ないと思う向きもあるとは思うが、立つこと歩くことが気功の基本であるのはいうまでもないことであるので、靴の性能は気功家としての生命線でもあるわけである。

さらには、人生の暇つぶしとして観光地を歩きまわるのが趣味であるあたしとしては、靴イコール人生といっても過言ではないわけである。

てきとーにキーボードを打ってるなとお気づきの読者もおられると思うが、すまん。


行けば帰るのは当たり前であるが、ダムマニア以外には退屈極まりない往復の動画をアップするというのはこれでなかなかの勇気である。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン

2018年11月5日月曜日

四万川ダムを歩く



群馬県の四万温泉の近くの奥四万湖の四万川ダムの堤を歩いてみたのである。

四万川ダムは群馬県吾妻郡中之条町四万地先の利根川水系四万川に建設された重力式コンクリートダムで、堤高の89.5メートルは群馬県が運営するダムとしては最も高いダムであるてなことである。


あたしはいわゆる高所恐怖症であるので、このぐらいの高さがあると、遊園地でジェットコースターにのらなくても、実にスリルと恐怖を堪能できるのである。


勇気を出して下を見てみると、今夜の夢でうなされそうな景色である。

まあ、無理やりバンジーをさせられるタレントの気持ちが嫌というほどわかるわけであるが、これはいくら金をもらってもあたしには無理である。


ダムの下には日向見公園(ひなたみこうえん)てな施設があり、その先には川沿いに四万温泉の温泉街が広がるのである。

実に風光明媚で心安らぐ景色のはずであるが、上から下を見ると恐怖で腰が抜けそうなあれこれである。

たはは。


にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン

2018年11月4日日曜日

四万温泉の積善館を見に行く



まあ、なんである、積善館(せきぜんかん)は千と千尋の神隠しで千尋が働く油屋のモデルとなった温泉宿のひとつといわれているためか、カメラを構えた観光客がどんどんご見学に来られるのである。

モデルのひとつであるから、他にも国内外にいくつかそのモデルがあるわけであるが、あたしは宮崎マニアでもジブリマニアでもないので、詳しく知らんので、お好きな向きはお調べ頂いて、「なるほど、そうだったのか!」と感動してお楽しみいただきたいのである。


群馬県を流れる四万川の上流のどん詰まりの温泉街に、おねーちゃんのグループや若いカップルがけっこうな数でおられるのは、この宿のせいであるかもしれないのであるが、お尋ねしたわけではないので、あたしの勝手なご想像であるのは言うまでもないことである。

この宿の近くの定食屋から欧米人のグループがぞろぞろ出てきて、あたしに向かって「オイシイ」てなことを言ってるので、この辺鄙な温泉街が意外な人気であることに、あーらびっくりねという、四万温泉観光協会および商店会の皆様方には大変失礼な感想を述べる次第である。

宮崎センセーは実際にこの宿にお泊りになって、内部を取材なさったそうである。

しかし、あたしは昨今お泊りの条件がバストイレ付き朝夕バイキング付きということを譲れないので、積善館は元禄年間に開業したと言い張る、実に三百有余年の歴史を持つ由緒あるお宿であるが、バストイレ無しバイキング無しのこのお宿には残念ながらお泊りにならなかったので、作品で描かれたお部屋や廊下の詳細は取材無しである。

なにしに行ったんだ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン