2011年8月1日月曜日

海老名サービスエリアのいか焼きでたこ焼き


さてそば処信濃屋のカツカレーも食って、NEW YORK CITYのコーヒーも飲んで、いざ西伊豆に小土肥に向けて出発しようと思って、フードコートから外に出たらば何やら、夜店に屋台のような美味そうな店が並んでるのである。

風味満点海老名もち処、わらび餅、黄金餅、紫芋焼餅、カップ団子であるのである。

ううむ、店員のおねーさんが帽子をかぶり直してお待ちであるが、カツカレーのあとに餅はいまひとつ食指が伸びないのである。


博多なんこつ天350円、アスパラベーコン天400円、博多プチプチめんたい天350円であるのである。

ううむ、どうも天麩羅の店であるのであるがカツカレーのあとに天麩羅はさらに食指が引っ込むのである。

おお、隣が何やら楽しそうな色合いであるのである。


いか焼きね、これ、いい、行ってみましょう、とゆーことで、いか焼きを一個注文して230円を払ったのである。

卵入りだと300円であるが、卵入りって、イカのどこに入るんでしょうか。


なんだか、ぺったんこにする道具で焼いてるのである。

ううむ、これ、どんなのが出てくるのか楽しみであるのである。

イカが姿のまま、ぺったんこになって出てくるんでしょうか。


出てきたのでがこれである。

ほとんどがメリケン粉で、イカの切ったのが入れてあるのである。

いわば、ぺったんこのたこ焼きであるのである。

味もイカの入ったたこ焼きであるのである。

「卵入り」の謎が解けたのである。

ううむ、あたしが想像してたのは「いかせん」だったみたいである。

Camera : RICOH GR DIGITAL Ⅲ

写真サイト
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ