2011年5月6日金曜日

大國魂神社・宝物殿・忠魂碑


大國魂神社本殿の両側には国内著名の神、六所ろくしょ (小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神)を奉祀して六所宮とも称せられるのである。

主祭神の多くに大神も含めて七大神で、大神だらけであるのであるから、そら大國魂神社の霊験ご利益はものすごいものがあるのである。


さて、拝殿で十分に参拝をして、さらにどこかの教祖だか祈祷師だかのおじさんの霊気も十分にいただいて、あたしの魂も十分に浄化されたので速やかに退散する所存であるのである。


参道にさわやかでスピリチュアルな神気霊気が溢れて、あたしの魂はさらに浄化されて運気はこれでもかと上昇するわけである。

なーにしろスピリチュアルであるのである。

なーにがスピリチュアルだなんて言ってはいけないのである。


大鳥居の下ではボーイスカウトの子供たちが緑の募金をなされておられるのである。

あたしだって、鬼でも蛇でもないのであるからもちろんポケットの小銭を総ざらいで募金をしてシールでくっ付く緑の羽をもらったのであるが、すぐなくしたのである。

大鳥居のその先には国指定天然記念物の馬場大門のケヤキ並木(ばばだいもんのけやきなみき)が続いているのである。

人生はなるべくしてなり、ならないべくしてならないのである。


Camera : RICOH GR DIGITAL Ⅲ

写真サイト
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ