2011年2月23日水曜日

明治座の天井


神の光が降りる現代の格天井であるのある。

見上げればそこに天の国があり、そこから神は地上にいるアリのごとき我々に無慈悲な思し召しを成就されるわけである。

我々はそれをありがたく享受し、カルマを刈り取るのである。

このEXILIM EX Z-330はコンデジの代表みたいなカメラで、超小型で電池とSDHCメモリーカードを除くとちょうど100gてな重さであるので、もちろんカメラとしての機能に期待してはいけないのであるが、発色とともにこのシャープなピントでなかなか香ばしい写真になるのである。

超小型とはいえ1210万画素の効果はさすがで、画像をズームしてもどこまでもそれなりに写ってるのである。

もちろん、高級一眼レフのデジカメで撮れるダイナミックな色合いやフォーカスはぜんぜん無理であるが、ちょっと線の細い写りが面白いっちゃ面白いのである。

今日、価格.comのデジカメの画質ランキングでこのEXILIM EX Z-330が数々の名機にならんで12位にランクされているのである。

先日は19万7000円のLEICA X1よりも上になっていたので、つまりは価格と画質のとコストパフォーマンスてなことだろうと思うが、まあ、6800円でこの写りであるから、ものすごくお得なカメラではあるのである。

Camera : CASIO EXILIM EX Z-330

人物・街写真
写真サイト
写真ブログ 写真家