2011年2月19日土曜日

花屋の店頭


花である。

生命の息吹(いぶき)である。

花はこの時期を迎えるためにこの世に存在するのである。

花開くというとおり、花が開くのは生命力の象徴であるのである。

人も花開くためにこの世に生まれ生きるのである。

なぜ神は花を人の目にこのように鮮やかに映るようにお作りになられたのか。

花は色も含めてその形そのものが波動を生み影響を与えるのである。

その波動を得るために人は花を好み慈しむのである。

総てはこの世宇宙の成就のためであるのである。

つーことで、昨日、仕事で通りかかった花屋さんの店頭の風景であるのである。

まだ、2月であるのに、花屋さんの店頭は春真っ盛りであるのである。

あたしのおつむも年がら年中、春真っ盛りであるのである。

Camera : CASIO EXILIM EX Z-330

人物・街写真
写真サイト
写真ブログ 写真家